ゆいりえが明るい未来の訪れまでひたすら待つブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

刀語の粉雪ちゃんカワイイぉ 

第6話みました。
今回は何者かに一族を滅ぼされ、たった一人になっても笑顔で生きる粉雪ちゃんの少し切ないお話。ですがちょっと脚本が荒っぽくって残念な回。
ストーリーには本筋(今回は双刀・金槌を収集すること)と言うのがありますが今回は脱線した話がやたらと長く、本筋に必ずしも関わる話でも無いため見ていて集中力を欠きました。後半尺が不足してた感があったのでカットしても良かったんじゃないかなーと思います。もしや今回枚数をケチッてたことからスケジュールの都合なのか?
また「粉雪ちゃんの奇異な満面の笑顔」と「雪山の一族を滅ぼしたのは誰かという謎」という二つの謎が混在していて視聴者に混乱を与えてました。流れ的に粉雪ちゃん犯人なのか?と思うのは自然かと・・
そんな疑心暗鬼にかられてる中、まにわにが「刀は既に山に無く、山を滅ぼしたものが持っている」と言ってた後に、粉雪ちゃんが刀を持ってくると言う流れはどう見ても犯人説へ導いています。また、まにわに達が会話するシーンは明らかに情報の精度についてうたっていてあの場面で間違った情報を流すとは到底思えない作りになっており、どう後半にフォローが入っても「粉雪犯人説」は覆せません。しかし劇中でその説は否定されます。ラストでメデタシめでたしの流れになりますが、この矛盾が後を引きあまり感動出来ません。
つまんなくは無いですが前回までの刀語とは出来栄えが悪いように感じます。
しかしもし今後「粉雪犯人説」が正しいと言う事実判明と言う流れになるのであれば、上記のことは全て壮大な伏線と言う事で合点が行き、評価がまるまる変わってきますが。そんな・・・まさかね。。。
[ 2010/06/05 04:00 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。